黒子の黒い腹のうち

ひいた男、ムカつく女。

コスプレに走ったフミ子【番外編2】サト子の心配。

フミ子の話はこちら。

kuroikuroko.hatenablog.com

 

 

フミ子と縁を切った後の話。

 

当時は大学生。

 

その後、サト子とは友達付き合いが続いていた。

 

サト子の話はこちら。

kuroikuroko.hatenablog.com

 

私が地元に帰省する度にサト子に連絡をして会っていた。

 

だいたい年2回。

 

サト子に会うと必ずと言っていいほどサト子はフミ子の話を持ち出した。

 

 

サト子「黒子、フミ子ちゃん覚えてる・・・?」

 

黒子「うん?覚えてるけど。」

 

サト子「まだ連絡取ってる・・・?」

 

黒子「いや、めちゃくちゃ失礼なことを繰り返されたからもう切ったよ。」

 

サト子「そうなんだ・・・私ももう連絡取ってなくて、フミ子ちゃんの連絡先も知らないんだけど・・・」

 

うん。知ってる。ていうかいつもこの話なんだけど。

 

サト子「最近LINE使うようになったんだけど、LINEにフミ子ちゃんぽい人のアカウントが上がってくるんだよね」

 

 

 

 

どういうことかというと。

 

サト子は高校卒業後にフミ子と疎遠になった後、一度ケータイを水没させたとかで全ての連絡先をなくしてしまった。

 

ちなみに私の連絡先だけは紙にメモしていたから連絡できたらしい。

 

そしてLINEが普及し、サト子もスマホに変えたためLINEを使うようになったのだが、設定等はイマイチわかっていない。

 

当然フミ子の連絡先は知らないので、自動で友達追加される設定にしていても追加されたりはしない。らしい。

 

しかし、おそらくフミ子はサト子の連絡先を持ったままなので、サト子のLINEに「あなたのお友達ではないですか?」みたいにフミ子のアカウントが表示されるそうだ。

 

当時私はスマホではあったが連絡を取り合う人たちにガラケーが多かったため、LINEは使っていなかった。

 

なのでいまいちピンとこない話だったのだが。

 

サト子は驚きと心配を吐露した。

 

サト子「そのアカウントがさ・・・アイコンがもうすごいコスプレしてる写真で・・・顔写真なんだけど・・・それでこの顔はフミ子ちゃんかなって思ったんだけど・・・」

 

サト子が言うには、

フミ子と思われるそのアカウント、アイコンの写真をコロコロ変えるらしく、フミ子はカラコンやカラフルなカツラを付け、結構露出多めの写真や際どいポーズの写真に変わることもあるとのこと。

 

サト子「どう見てもフミ子ちゃんだし・・・私もうびっくりして;」

 

なるほど。

 

コスプレはそこまで進化していたか。

 

それは知らなかった。

 

黒子「私が最後にフミ子ちゃんに会った時はもう既に衣装を自分で用意してる感じだったよ。mixiでもバンバン公開してたし。」

 

それ以降進化したんだな。

 

サト子「そうなんだ。いやもうホントにびっくりで;顔写真公開なんてできないよね;フミ子ちゃん保育士さんになったんじゃないの・・・?」

 

おお。そうだった。フミ子が教員専門学校に行ったのは保育士さんになりたいからだった。

 

そういえば保育士になっていた。

 

私はまだ学生だったけど、フミ子は短大みたいな学校だったので一足先に社会人になっていた。

 

サト子「mixiなんて誰でもやってるんだから園児の保護者に見つかったら問題にならないのかな・・・」

 

どうなんでしょう。

 

そういえばフミ子と縁を切る前、フミ子がコスプレで街中歩いているときに自分の生徒と保護者を見かけて慌てて隠れたことがあるとか言ってたな。

 

”こんな姿見られたら大問題!”なんて言ってた気がする。

 

プライベートと趣味は口出しできない気もするけど。

 

でも一応教育者だし・・・。

 

どうなんでしょう。 

 

実際、保育士がバイトでホストをやっていることが問題になったこともあったし、

 

ちょっと別問題かもしれないけど。

 

バイトが問題というよりはホストが問題視されたようで、教育者に関しては”仕事とプライベートは別”とは一概に言えない点があるんだろう。

 

フミ子が趣味でコスプレをしているのは別に構わないが、確かにその姿をネット上に顔出しで公開しているのはバレたら問題視されるかも。

 

しかも露出も多いらしいし。

 

際どいポーズもあるみたいだし。

 

 

 

 

黒子「世間一般じゃ良くは思われないかもね。自分の子供を預けるんだし。」

 

サト子「そうよね。私は高校卒業後から疎遠になっちゃったけど、まさかこんな格好で見かけるなんて思わなかった;」

 

そりゃびっくりするわ。

 

サト子はほぼ知らないかもしれないけど、フミ子は実は病んじゃったしね。

 

そこから非常識が増した気がするから周囲のことを気にかけてないかもね。

 

自分が自由に楽しく過ごせていればいいのかも。

 

まぁフミ子が楽しくてやってるなら、保護者や会社に悪く思われないようにバレないようにやればいんじゃない?

 

で話はいつも終わる。

 

 

その後、またサト子に会う度にこんな話を繰り返したのだが、時が経つにつれてフミ子のコスプレはグレードアップしていったようだった。

 

私もサト子も

フミ子とは疎遠になっていたが、サト子のLINEに表示されるフミ子のアイコンで知らなくてもいい彼女の情報を少しずつ知っているのだった。

 

 

 

もうサト子とも疎遠になっちゃったから今はなんにも知らない。